岐阜の柔術スタジオ/CARPE DIEM HOPE English

柔術スタジオ - カルペディエム・ホープ -

お問い合わせ予約

ホーム

コラム [ 日記 ]

← BACK |  NEXT →
DATE : 2020.02.09

サブミッション紹介シリーズ ②三角絞め (トライアングルチョーク)

こんにちは!HOPEスタッフの片野です。

サブミッション紹介シリーズ第二回は「三角絞め」です。
こちらも腕十字同様、ブラジリアン柔術では極まることが多いポピュラーな技ですね。

形に入るとちょうどこのような感じになります。
⇓⇓⇓⇓⇓

知らない人が見ると、どこか変態チックな技のようにも見えるかもしれませんが非常に強力な絞め技です。

どのような構造になっているかというと、その名前の通り、相手の首と腕を両足の中に入れた状態で三角形のようにして組みます。そこから足の力で締め付けることにより、相手の頸動脈を絞めます。

三角絞めにもいくつかバリエーションがあり、写真は最もベーシックな「前三角絞め」という形になります。
他にも横三角絞め、後三角絞めとあるので気になる方はぜひ調べてみて下さい。

前回の腕ひしぎ十字固めは関節技でしたが、三角絞めは絞め技になります。
絞め技はケガはしにくいのですが、頸動脈を圧迫されるので我慢していると脳への血流がストップしてしまうことで、同時に脳への酸素の供給もストップしてしまいます。
最悪、失神することもあるので、こちらも完全に形に入ったらタップするようにしましょう(-_-;)

DATE : 2020.02.08

サブミッション紹介シリーズ ①腕ひしぎ十字固め (アームバー)

こんにちは!HOPEスタッフの片野です。

ブラジリアン柔術にはたくさんの種類のサブミッション(関節・絞め技)があります。

このシリーズでは毎回、サブミッションを一つ選んで、紹介していきます。

第一回の極め技は「腕ひしぎ十字固め」です。

この技はプロレスや総合格闘技でもよく使われるので、格闘技をやった経験がない人でも知っているんじゃないでしょうか?

写真のような技です。
⇓⇓⇓⇓⇓

「腕」というワードからも連想させるように、相手の腕をとって肘関節を逆に伸ばして極める技です。

コツは相手の手を胸の前に付けて、骨盤のあたりを支点にしてお尻を上げます。そうすることで相手の腕が反り返るので、肘が極まります。

下からのクローズドガードやマウントポジション、バックコントロールなど様々なシチュエーションから取りに行ける技で汎用性が非常に高いです。

そのため格闘技では最も極まる頻度が多い関節技であると言えます。

写真を見ると、やられている方はとても痛そうですね(-_-;)

これは総合格闘技の試合なのでやっている方も本気で取りにいっていますが、CARPE DIEM HOPEのクラスでは会員様一人一人が相手に出来るだけケガをさせないように心がけて取り組んで下さっていますのでご安心ください。

だからといって危ない技であることには変わりはないので、技が完全に入った際にはタップはお早めにお願い致します!

DATE : 2020.02.06

いじめに負けるな!

こんにちわ。
HOPE広報です。

私の昔話にお付き合い下さい。

思い出せば小学校時代、寒空の下で授業をサボっていたのを今でも思い出します。
何故サボっていたかと言えば私は『いじめ』にあっていました。
友達に無視されたり、時にはトイレに自分の上履きが捨ててあったりと陰湿な感じでした。

私自身はどういった小学生だったかと言えば毎日家でゲームをしている。勉強もしない。気に入らないと暴力に訴えるといった子供でした。いつも出来ない理由を人のせいにしていました。
そんな自分を大嫌いで少し自暴自棄だったと思います。

勿論、そんな私が誰かに理解されることはなく、同時にいじめに受けてしまった訳です。
いじめを誰かのせいにしつつも、私の場合は自身にも原因があると思っていました。

強くなりたい。変わりたい。
いつもそう願っていました。

中学に上がってから部活が始まります。
私は強くなりたい。動機は腕っぷしが強くなりたいと単純な理由でしたが、剣道部と迷った挙句『剣道だと竹刀がないと強くない』という理由から柔道部に入部します。

柔道の最初の練習は想像していた道着を着て戦うみたいなものと違い、私を含めた一年生は全員素人。
よって最初は全員ジャージ姿で三時間後ろ受け身をやらされました。
家に帰ってると、当時土曜夜に放送していた「日本昔話」の放送を横目に、受け身で赤く腫れた手のひらを見ながら柔道着を着た自分の姿を想像していました。

そんな感じで毎日練習をしました。
いつしか柔道着も着ることが出来て、強くなっていく自分を肌で感じでいました。
一年の時に体力テストで2回しかできなかった懸垂も9回できるようになりました。

その感覚はかつて熱中していたゲームのレベルアップのような感覚でやっていたように思います。
強くなれば周りの評価も変わる。それもまた快感でした。
同時に一生懸命鍛えてきた技を暴力として使う事の無意味さもわかり、暴力で訴えることもなくなりました。

嫌いだった勉強も「補習で練習が出来なくなる」という理由から勉強が嫌いではなくなりました。
すると自然にいじめもなくなりました。


私の場合は柔術も柔道も全て同じ格闘技としてカテゴライズされています。
君が現在、いじめで悩んでいるのなら強くなってほしい!
近くの格闘技道場に通ってほしいと思います。




無理やり感満載ですが(笑)岐阜でしたらHOPEの無料体験してみましょう。
いじめに負けるな!自分が変われば、周りは変わる。

以上、HOPE広報の昔話でした。

501-0104 岐阜県 岐阜市寺田 7丁目101
Copyright © CARPE DIEM HOPE. All Rights Reserved.
produced by Dimanche Co., LTD.